【画像あり】簡単!Tポイントや楽天ポイントで寄付しよう

2018/07/12社会貢献

ポイントを使って寄付しよう

りお(@lio_hibiju)です( ๑❛ᴗ❛๑)۶

西日本で大雨による大規模な被害が発生しています。わたしの知人もたくさん避難しています。

さまざまな災害や社会貢献の取り組みに、Tポイントや楽天スーパーポイントで、1ポイントから寄付ができることをご存知でしょうか?買い物をしていると、気づいたら溜まっているTポイントや楽天スーパーポイント。それらを使って、1~2分くらいであっという間に、かんたんに寄付することができるんです。

使いみちの限られる期間限定ポイントも使えます!特に使う予定がないポイントは、なくしてしまうよりは、寄付しませんか

塵も積もれば山となる。ちょっとの作業だけで、誰かの命や生活が救われるかもしれません。

Tポイントを使ってYahoo!ネット募金をする方法

Tポイントを使った寄付は、3ステップ。

  1. 寄付する先を選ぶ
  2. ログインする
  3. 使うポイント数を入力する

Yahoo!アカウントをすでにお持ちの方なら、1~2分です。

Yahoo!ネット募金の特徴は、集まった寄付金と同額をYahoo!からも寄付してくれる「マッチング寄付」という仕組みがあること!つまり、条件を満たせば寄付が倍になって支援先に届くんです。すごい!

ちなみに大雨被害では、2018年7月8日15時35分時点でマッチング寄付上限の3000万円に到達したため、Yahoo! JAPANからの同額寄付の取り組みは終了しています。

寄付する先を選ぶ


Yahoo!ネット募金 のページより、寄付先を選びます。

2018年7月の大雨被害なら

で寄付できます。

他にも2018年7月現在では

など、さまざまな活動を支援できます。

平成30年7月梅雨前線等による大雨被害 緊急災害支援募金 を選択してみます。

「寄付する」ボタンをクリックします。

ログインする

※すでにログイン済みの場合は、必要ありません。

IDか携帯電話番号かメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。


パスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

使うポイント数を入力する

はじめは「クレジットカードで寄付」の画面になっています。クレジットカードで寄付したい方はこちらから。クレジットカードでも、あっという間に寄付できますので、Tポイントがない方はぜひ!

Tポイントで寄付したい方は、「Tポイントで寄付」タブを選択します。

ポイントを全部使う方は、「すべてのポイントを利用する」にチェックします。すべてのポイントを利用する方は使うポイントを指定する場合は、「一部のポイントを利用する」を選択して、ポイント数を入力します。期間限定ポイントも使えます。

注意事項を確認し、「上記事項に同意する」をチェックします。「寄付の手続きへ」ボタンをクリックします。


確認画面になりますので、ポイント数を確認し、「寄付する」ボタンをクリックします。
これで寄付が完了です!

動画で見たい方は、ヒカキンさんのYouTube動画がおすすめ

動画のほうがわかりやすい、クレジットカードの支払い手順が知りたいという方には、ヒカキンさんの動画がわかりやすくておすすめです!

楽天ポイントを使って楽天クラッチ募金をする方法

楽天スーパーポイントを使った寄付は、4ステップ。

  1. 寄付する先を選ぶ
  2. 寄付金額を入力する
  3. ログインする
  4. 使うポイント数を入力する

楽天アカウントをすでにお持ちの方なら、1~2分です。

楽天クラッチ募金の特徴は、ポイントとクレジットカードを同時に使えるところ。例えば楽天ポイントが1,000ポイントあって、5,000円寄付したいとき。まず寄付金額を5,000円にして、そのうち1,000円分を楽天ポイント、残りをクレジットカードで支払えば、手続き1回ですみます。

寄付する先を選ぶ


楽天クラッチ募金
 のページを少し下にスクロールして、寄付先を選びます。

2018年7月の大雨被害なら

で寄付できます。


楽天スーパーポイントを使う場合は、「楽天スーパーポイントで募金する」を選びます。クレジットカードを使う場合は、「クレジットカードで募金する」を選びます。

寄付金額を入力する


寄付したい金額を入力し、「募金する」ボタンをクリックします。

保有ポイントを調べたい方は、「ご利用可能なポイント残高を確認する」ボタンより確認できます。

ログインする

※すでにログイン済みの場合は、必要ありません。

ユーザIDとパスワードを入力し、「楽天会員IDでログインして支払う」をクリックします。

楽天IDをお持ちでない方は、「楽天会員でない方はこちら」の「支払う」をクリックすると、クレジットカードでの支払画面に移行します。

使うポイント数を入力する


金額を確認します。
「ポイント利用」をチェックします。一部のポイントを利用する方は「一部のポイントを使う」を選択して、使用するポイント数を入力します。ポイントを全部使う方は、「すべてのポイントを使う」にチェックします。期間限定ポイントも使えます。

「支払う」をクリックすると、募金完了です。

[おまけ]寄附金控除が使える寄付先

寄付には税金がお得になる「寄附金控除」という仕組みがあります。特定の条件を満たせば、国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対して寄付をしたとき、所得控除を受けることができます。「寄附金控除」では確定申告が必要となりますが、例えば年収500万円の世帯が対象先に10,000円分寄付すると、3,200円が減税されます。

寄附金控除が使いたい場合は、下記の団体などをご検討ください。クレジットカードや銀行振込で寄付することができます。※ポイントは使えません

また、ふるさと納税なら、寄附金控除がある上に、返礼品までもらえます。お金の使いみちを災害支援に限定することはできない場合もありますが、地域の魅力を知ることができる嬉しい制度です。

まとめ

とっても簡単に、ポイントで寄付することができます。

西日本の大雨では、報道されている土地だけでなく、広範囲でたくさんの被害が出ています。どうかご支援お願いいたします。

わたしはポイントでの寄付、寄附金控除が使える団体への寄付、ふるさと納税、どれも行います。他にもおすすめの寄付方法や寄付先がありましたら、教えてくださいね。

Yahoo!ネット募金で大雨災害の支援をする

楽天クラッチ募金で大雨災害の支援をする